ウィーントップへ
prev next

02/12/09
ウィーン市街 馬車&トラム

トラム 途中でつないだ2両(6軸の連接車)とさらに1両(動力なしのトレーラ4軸)の3両編成
切符の改札とかはなくて、自分で切符を機械に入れてがちゃんとスタンプする。切符のチェックは時たまあるらしい
 
(注目:車両の左側:写真右)には出入り口がない その謎は・・・いずれ明らかに)
トラムの中 2+1の席配置 (謎に関連するけど 席は全部一方向を向いている)
1両目と2両目の連接部分 (丸い輪になっている)

トラムには しっかり たくさん乗りました。 
非常に快適で 観光バスなんて乗るより、たっぷりと街を楽しめる。 そして、しっかりと、楽しんだ。 ちょうどいい目にあうスピードって感じ
日本でチンデンが'70sに一気に廃止されたのがほんとに惜しい。
でも、日本の状態では車も人もが多すぎるよね。 大学時代、京都の市電は朝夕は道は車でいっぱい、市電も満員ってどうしようもない状態だった (京都でも)
ヨーロッパでは、人の密度とかがちょうどいいんだろう かと うらやましく思う。 文化論/文明論的に考えてみたら面白いと思う

シュテファン大聖堂
 

ちょっとハリコンで(95EU+チップ)馬車観光
 しかし ひたすら寒い。正午で−3度。朝はきっと−10度・・・写真撮影の前にお馬さんも外套着用しました
 

 

馬車の後ろは大渋滞 (^-^;
 

 

 

ウィーントップへ
prev next